10年後に小惑星が接近,世界連合の地球防衛軍を期待したい

 今月19日に小惑星の地球接近があるという記事を見ましたが,地球に衝突する危険性はないとの事で一安心です。
ただ10年後の7月に,1%の確率で地球に衝突するかもしれない小惑星が近づきます。
東京のほぼ真上を通る軌道らしく,JAXAを中心に東京で5月に開く会議では世界の専門家が話し合い避難シュミレーションを行なうそうです。
隕石が地球に衝突する恐れもあり,破片が燃え尽きずに落ちてきても憂慮すべき事態です。
隕石の衝突については,古い話だと氷河期になり恐竜を絶滅させたという学説があります。
また4年前にロシアで隕石が空中爆発した映像は未だに記憶に残っています。
無人探査機を体当たりさせたり近くで核爆発を起こして軌道を変える事も考えられているようですが,人類の英知を結集してリスクをゼロに近づけてもらえる事を期待したいものです。
世界は今戦争の危機に直面していますが,宇宙規模の話はもっとスケールの大きい話です。
SF映画のよなシナリオに対して各国の軍事力を地球平和の為に結集する事で防げたら,その後の平和な世界に導けるのではないでしょうか。お金借りる 即日ならどこ